スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単ケーキと話題のCDのご紹介

去年ばんばさんのお部屋で
簡単で美味しそうなリンゴケーキを見ました。

りんごのケーキの作り方はいろいろありますが、
新しいものにすぐ飛びつきたくなる私。

でもあの時はお正月用に日持ちのするフルーツケーキを二本作ったばかりで
我慢・我慢・・・と。。。。。。はいかず、すぐに作ってみました。

21㎝角の四角い型で焼き3分割。
軽いケーキでいくつでも食べられます。(-_-;)
食べ過ぎを自覚して一本、冷凍庫にしまいました。

先日出してまたまたペロリ。
冷凍保存でも美味しかったですよ~~

作ってみたい方は ばんばさんのお部屋からみけにゃんさん
お部屋に飛んでレシピをご覧になってくださいね。

ばんばさん・みけにゃんさん、ありがとうございました。

名称未設定-4




もう一つ、CDのご紹介です。

1069.jpg


由紀さおりさんの1969
全英・全米他で話題になっていますね。

1969年というと私は10代。
当時、日本の歌謡曲にはあまり興味はなかったけれど今話題になっているし、
アメリカのバンドが日本の歌謡曲をどんなふうに扱っているのか知りたくで買ってみました。
UK盤・US盤はお安いけれど日本盤は3000円。
迷ったのですが日本版を買いました。



最初聴いたとき???(失敗したかも・・・??)
でもSDカードに落として車の中で何度か聴いているうちになかなかいいなと思うようになりました。
(スキップする曲もありますが)

彼女は高音と思っていましたが、低音もなかなかいいです。
歌詞を語れる方ですね~
素敵な歌声です。
バンドはとてもいいと思いました。

先日片道1時間くらいの距離を運転しているとき、
PPMのパフ(魔法のドラゴンの歌。みなさんご存知ですよね)と
アルバム最後に入っている秋元康作詞、由紀さおりのオリジナル曲季節の足音の歌詞を聞いて不覚にもポロリと・・・
人生が少し分かるようになったかなぁ~~?

CDを買わなくてもMP3でダウンロードできます。

視聴もできますのでお時間がありましたらこちらを覗いてみてくださいね。





スポンサーサイト

作ってみました!

十一月の第三木曜日はボジョレーヌーボーの解禁日。
最近はニュースでも伝えられますので、ワインに疎い私でも、
あぁ~今日なのねと思います。  思うだけで興味なし。

17日、買う気も飲む気もなかった我が家に、宅急便のお兄さんが娘からのワインを届けてくれました。
なんでも社内での企業協力で買ったのだそうです。



先日息子たちとスペイン料理店で食事をしました。
お嫁さんがワイン好きで、あまり飲めない私もワインを飲みながら(舐めながら?)お料理を楽しみました。

     page_20111121010300.jpg

写真の真ん中にあるのが マッシュルームのオリーブオイル焼き です。
とても気に入ったので今回のワインに合わせて家でも作ってみることにしました。
お店のは、オリーブオイルの中でマッシュルームが泳いでいました。
家で作ったのは少し違います。
古株の主婦は分量も味付けも適当。
でもオリーブオイルとクレージーソルトに助けられて美味しくできましたよ~~
これにチーズとサラダをプラスして、ワインにピッタリのおつまみができました。

お遊びで簡単なレシピカードらしきものを作ってみました。
分量なしです。
お嫁さんと娘に、昔からの私の汚い料理ノートをレシピカードにして渡したいなぁ~とは思っていますが、
いつになるかしら~~^_^;



     レシピ

ワインは若いですが、ブドウの香りがして、とても美味しかったです。

                                 一つ便利なものをご紹介。
                                 注ぎ口付きのワインキャップです。
                                 随分前にハンズで見つけて重宝しています。

ワイン1 ワイン蓋1

栗の渋皮煮

この数年、毎年毎年栗の渋皮煮を作っています。

いつも作りながら・・・ 面倒! もう来年から作らない!! 
とつぶやきます。。

でも~~先日きれいな栗を見ました。  
ちょっと躊躇しましたが・・・ご購入~(^^ゞ
我慢できなくなる悪い癖~~


鬼皮を注意深くむき、重曹を入れて茹でます。
すごい灰汁です。

重曹で


これを茹でこぼしもう一度火にかけます。
二度目でマダマダこんな色。

灰汁

茹でこぼして栗を丁寧にナデナデして筋等々を取り除く事を繰り返し
きれいになったらお砂糖を入れて煮ます。

最後におしょうゆを(レシピでは)。
私はブランデー入り(又はラム酒)とお醤油入りを作ります。

出来上がったものがこれ~~~
渋皮煮

とても美味しくて食べ過ぎに注意です!
そう言うわけで、ほとんどが人様の元へいってしまいます。

参考までにレシピを。
古い新聞記事です。
これを読んだのが作り始めたきっかけです。








☆(2004.9.17 読売新聞  料理研究家 中村成子さん)☆



☆材料(4人分)

・栗     600~700グラム
・重曹    小2杯
・ざらめ糖  500グラム
・醤油    小1杯

☆作り方

・栗は色艶が良く中身が詰まった新鮮なものを選ぶ。
 水に浸し浮いたものは取り除いておく。

・栗は1~2時間タップリの湯に浸し鬼皮を柔らかくしてから皮をむく。
 ザラッとした難い部分に包丁の刃を入れ尖った方に向かって鬼皮を
 はがすようにむく。
 渋皮を傷つけると煮崩れのもとになるので注意する。
 (渋皮が破れて黄色い実が見えたら栗ご飯用にまわす)

・鬼皮をむいたらかぶる位の水に浸し、重曹を加えて一晩置く。

・重曹の入った水ごと鍋に入れ、やはりかぶる位の水加減にして、
 中火で約15分ゆでる。
 栗を傷つけないように水道水を注ぎいれ、煮汁を捨てる。
 ふやけた渋皮の筋は、指の腹で優しくこすって取り除き、約20分ゆでる。
 煮汁が濁らなくなるまでこの作業を数回繰り返し、十分あくを除く。
 煮汁が澄んできたら栗に竹串が、すーっと通るまで弱火でゆでる。

・ゆでる時は栗が動いて崩れないように、ひたひたの水加減にするのがコツ。

・鍋に水3カップとざらめ糖を溶かしてゆでた栗を加え、味がしみやすいように
ガーゼ等(私はキッチンペーパー)で覆ってさらに30分ゆでる。
 醤油を加えたら冷まし、一晩おいて味を含ませる。

・煮汁を半量になるまで煮詰め栗と共にビンに入れておけば約1週間
 保存できる。
   
     私はグラニュー糖を使いました。
           冷凍庫でお正月まで保存可能でしたよ~


梅びしお

去年の梅干しが20個ほど残っていました。
塩10%・氷砂糖10%で漬けたものです。

去年の梅干し

実家の母は一日塩分6gに制限されています。
減塩の梅干しを購入し一粒を何日にも分けて、おかゆや納豆に入れて食しています。
(私が作った梅干しはいらないというのです!(ー_ー)!!)


去年の梅干しを半日ほど塩出ししました。
塩分が強い梅干しは丸一日かけて塩きするといいですね。(お味を見ながらですが・・・)

半分はみりん・酒・薄口しょうゆに漬けました。
甘口梅干しになります。

残りの10個は種を取り、ハンドミキサーでガァ~~~!!
この分量の10%ほどの砂糖とみりん大匙2を加え、お鍋で練ります。

美味しい《梅びしお》が出来上がりました。

うめびしお

自宅用はあまり気にせずハンドミキサーでやるだけですが
今回は母に持っていきます。
それでハンドミキサーにかけた後、裏ごしをして滑らかにしています。

うめびしお はおかゆはもちろんですが、いろんなお料理に使えてとても食べやすいですし便利です。


これを持って明日、(もう今日です!)実家に行ってきまぁ~~す。

ベランダのハーブ

NHKのベニシアさんの番組が好きです。
あんな風にお庭でハーブを育ててみたい。。

  夢物語。。。

我が家のベランダでバジル・ミント・ローズマリー・パセリ、そして
日本のハーブ、紫蘇を育てています。
必要な時にちょっと摘まんで使えるのは便利ですね。
農薬の心配もありませんし。

今、バジルがとてもよく茂っていて
お花が咲き始めました。

バジル


今年もこのバジルをタップり使ってバジルソースを作りました。
いつも少し多めに作って冷凍庫に入れておきます。

材料は・・・ 
バジルの葉っぱ、オリーブオイル、松の実、ニンニク、塩 、パルメザンチーズ

これをハンドミキサーでガァ~~~っとやるだけなのですごく簡単です。

バジルソース

このソースと瓶入りのアンチョビペーストとブラックオリーブと唐辛子とトマトのペーストを混ぜて
簡単パスタの出来上がり~~

IMG_1614.jpg


オリーブオイルは私のお気に入りのもの。
大きな缶で買って息子夫婦と分けています。

   オリーブオイル


  
紫蘇も茂って困るほど。
塩漬けで保存できるかとやってみましたが灰汁がでて失敗。
どなたかよい保存方法をご存知でしたら教えてください。

この紫蘇も使わなければもったいない!と、以前母の友人に教わった物を作りました。

大豆をさっと洗って気長に炒ります。(チーンしてから炒ってもいいですね)
それに甘味噌を加え熱します。
そこにたっぷりの紫蘇をザクザク切って入れ、混ぜ込みます。
たくさん入れてもアララ・・・というほど少なくなってしまうんです。
地味だけど、美味しいおつまみ・おやつになりますよ~ 

そしてお馴染み、茄子のシギ焼き。
油で焼いた茄子の上に甘味噌を。
その上に油でさっと炒めた紫蘇を乗せました。

シソ


実家でも紫蘇が有りすぎて・・・
炒った大豆は母には少し硬いので、大豆を蒸してやってみました。
お味噌味の煮豆という感じ(^^ゞ。
でも紫蘇の処理にはなりました。


そしてミント。
ミントティーばかりでは飽きてしまいますし、お菓子はあまり作らなくなりました。

あるとき本で(今日の料理だったかなぁ~~?)焼きナスに
オリーブオイルをかけ、お塩を振ってミントを散らしたものを見ました。
ちょっとビックリの取り合わせでしたけど、やってみたら(実験!)結構美味しかったです。

先日中央高速を走って八ヶ岳のアウトレットに行ったとき、生で食べられるという
白茄子を買いました。
スライスしてオリーブオイルと塩・胡椒を振って
サラダ風に食べてみましたが、すごく美味しいとは言えなかった・・・(-_-;)
残った半分をラップでチーンして柔らかくしてみたらグー!
食べてしまって画像がありません。
珍しいので残り物の茄子をUPします。
白茄子と聞いたけれどグリーンです(^^ゞ

白茄子
     
プロフィール

よむママ

Author:よむママ
料理、手芸、お花、旅行、etc. そしてフラフラ街を歩き回るのが大好き!
何にでも手を出してアップアップしているAB型人間です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア

ジオターゲティング
ようこそいらっしゃいませ。
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。